東北地方への服の支援Clothes for Tohoku District

今年の3月、東北地方は大地震に襲われました。そこに住んでいた沢山の人々は家を失い、仮説住宅での生活を余儀なくされています。彼らは洋服などの身の回りのものも失いました。このひどい状況を目の当たりにして、古着専門店の「ドンドンダウン」は、被災地に服を持っていくことを決めました。スタッフは被災者の方々に、フリーマーケットを楽しむように服を選んでもらいたいと思っています。このプロジェクトは最近テレビでも紹介されているので、多くの人々が参加しています。今日では、約84.27トンもの服が全国各地から集められています。もうすぐ夏が来るので、被災者の方々は夏服を必要としています。もし必要のない服があれば、あなたも東北地方の人々に服を提供してみてはいかがでしょう?

-MutsumiThis March, Tohoku district was hit by a strong earthquake. Many people, who live there, lost their house and they have to live in temporary housing. They also lost their personal effects like clothes. In this terrible situation, used clothes shop “Don Don Down” decided to take clothes for devastated areas. Its staffs want sufferers to choose clothes like enjoying flea market. This project was introduced on TV these days, so many people join it. Today, about 84.27 ton clothes were gathered from all parts of country. Summer will soon come, so sufferers need their summer clothes. If you have clothes you don’t need, why don’t you offer them to Tohoku people.

-Mutsumi