星に願いをWhen You Wish Upon a Star

Tanabata
Tanabata
あくる7月7日は七夕です。まず七夕の由来について説明します。七夕は、中国の伝説を元にしています。アルタイルとベガという二つの星が話にはでてきます。アルタイルは女の子で、ベガは男の子です。日本ではおり姫と彦星と呼ばれています。二人は愛し合っていて、一緒にいたいがために一生懸命働くことをやめてしまいました。そのことが王を怒らせ、王は二人を天の川をはさんで別れさせてしまいました。王は、年にたった一回、7月7日だけ天の川の上で会うことを許しました。そしてこの日が七夕と呼ばれるようになりました。この日短冊に願い事を書いて竹に飾ると、願い事が叶うと言われています。そして、日本では多くの地域でこの七夕をお祝いするお祭りが催され、特に仙台の七夕祭りは観光客にとても有名&人気です。
Tanabata
Tanabata
July 7th is the Tanabata which is called the Star festival. First, I explain the origin of the Star Festival. The Star Festival originates from the legend of China. There are two bright stars, Altair and Vega. Alter is a girl, and Vega is a boy. In Japan, Altair is called Orihime and Vega is Called Hikoboshi. They loved each other and stop working hard to being together. It makes king very angry, and he separated them by the river or the Milky Way. He allowed them to meet only one time in each year, on July 7th. This day is called Star Festival. It is believed that a wish comes true if you write your wish on the paper strips and hang them on the bamboo. There are many Tanabata Festival; especially in Sendai Tanabata Festival is very famous and popular among the sightseer.