宇宙の古川さんと小学生通信Satoshi Furukawa communicated with students

国際宇宙ステーションに滞在している宇宙飛行士の古川聡さんが21日、熊本県の小学校に集まった児童と、無線で交信した。古川さんは宇宙から見える東日本大震災の被災地に触れ、「力強く復興する様子が見たい」と話した。
 熊本県の町立小学校の体育館には、児童ら約100人が集まった。予定時刻になってもしばらく通信がつながらず、緊張で会場は静まり返った。3分後に古川さんの声がスピーカーから聞こえると、児童たちは一斉に目を輝かせた。
 最初に質問した児童は、「宇宙から見て一番きれいに見えるのは何ですか」と聞くと、古川さんは「青く輝く美しい地球です」と答えた。もう一人の児童は、「東日本大震災が起こって大きな被害を受けましたが、様子はそこから見えますか」と質問した。古川さんは「東北地方の海岸線の変化が見えます。これから力強く復興する様子が見えるといいです」と話した。

-MegumiSatoshi Furukawa who has stayed at International Space Station communicated with students by radio. Many students gathered in Kumamoto municipal elementary school to communicate with Mr. Furukawa on June 21.
They fell silently because they could not communicate with him on time, but their faces irradiated with joy as soon as they heard his voice from the loudspeaker. One of the students said him, “What is the most beautiful thing from space?” Then he said, “It is the earth. The earth is very beautiful blue.” Another student said him, “The earthquake caused extensive damage to Japan. Can you see the damage from space?” Then he said, “We can see the transformation of the Tohoku district’s coast. We are looking forward to seeing the recovery from space. ”

-Megumi