世界で最も有名な日本人野球選手The most famous Japanese baseball player all over the world

Ichiro
Ichiro
今日は、私の好きなスポーツ選手を紹介します。私の好きなスポーツ選手は鈴木一郎さんです。彼は“イチロー”と呼ばれていて、シアトル・マリナーズに所属しているプロ野球選手です。
 彼は1973年10月22日に愛知県で生まれました。小さい頃から野球が好きで将来の夢はプロの野球選手でした。中学、高校時代は野球部の練習に励みました。1991年、彼はオリックス・バッファローズに入団し、活躍しいくつもの賞を獲得しました。例えば、ホームラン王やベストナインゴールデングローブ賞、年間MVPなどです。彼は2001年、シアトル・マリナーズへ移籍しました。彼はメジャーリーグに挑戦したのです。彼は今もなお、最も有名な日本人選手としてチームでプレイしています。
 彼は時々私たちに大切な言葉を送ってくれます。彼の名言に私はとても感動します。例えば、「小さい事を重ねることが、とんでもない所に行く為のただ1つの道―イチロー」です。彼はしばしば、言葉から私たちに大切な事を教えてくれます。又、WBCでの2度の優勝は私たちに感動を与えてくれました。
 私は、彼の野球に対する才能はただの才能だけでは無いと思います。彼は努力を惜しまないからこそ、素晴らしい活躍をし、たくさんの賞を得ているのだと思います。彼には良い所が2つあります。1つは、練習を惜しまない所です。驚いたことに、彼は1年の内360日練習をするそうです。もう1つは、彼は偉大な記録を鼻にかけたりせず、その記録を超す為にまた練習に励む所です。私は同じ日本人として彼を誇りに思い、彼のさらなる活躍に期待しています。
-Ayana
Ichiro
Ichiro
Today, I want to introduce for my favorite sport player. My favorite sport player is Ichiro Suzuki. Everyone calls him “Ichiro”. He is professional baseball player. He belongs to Seattle Mariners.
He was born in Aichi prefecture on October 22nd, 1973. He likes baseball and he wanted to be a professional baseball player since he was young. He devoted himself to baseball club activities when he was junior high school and high school student. He joined the Orix Buffaloes in 1991. He played a big part in victory and he got many prizes. For example, the king of home run, best nine golden glove prize and most valuable player. He transfer from Orix Buffaloes to Seattle Mariners in 2001. He tried to the Major Leagues. He is still playing baseball as one of the most famous Japanese players in this team.
He gives for everyone to wonderful word. I impressed some his witty remarks. For example, “ I think racking up the little feasts is the only way to get someplace extraordinary- Ichiro” . He usually teaches me important to something. In addition, when team Japan won WBC competition twice, I was given power from him.
I think his ability to play baseball is not ability. He doesn’t forget effort, so he could flourish and get many prizes. He has two good points. One is he doesn’t lavish with practice. I was surprised him because he practice 360days a year. On the other hand, he doesn’t boast his record. He is practicing hard to outstrip his past record. I am proud of as Japanese, and I expect more sprint in the future.
-Ayana