アメリカ人男性が2万5千個目のビックマックを食べるAmerican Man Eats 25,000th Big Mac

Don Gorsky
Don Gorsky
アメリカのウィスコンシン州在住の57歳、ドン・ゴルスキさんは何年も1日に2つのビックマックを食べ続けている。1972年にドン・ゴルスキさんが最初のビックマック9個を食してから39年経っている。彼は、地元のウィスコンシン州Fond du Lacにあるマクドナルドで2万5千個目のビックマックを食べて、記念セレモニーが開かれた。彼は、「死ぬまでビックマックを食べ続けます。」と語った。彼は、“Super Size Me”というマクドナルドの常食について注目するドキュメンタリー番組に2004年に出演した。彼はほっそりしていて彼のコレステロール値は低いと言われていた。
ゴルスキさんは1つのビックマックを16口で食べ、カレンダーに消費の経過を残している。毎週、彼は月曜日に6つ、木曜日に8つビックマックを購入する。そして、彼はそれらを冷蔵庫や冷凍庫に彼が食べる準備が整うまで取っておく。彼は、彼の奥さんが彼女がビックマックをミキサーに入れなければならないときに、終わりは来るだろうと話した。
医者たちはゴルスキさんの食事を勧めないとした。
-Tsukasa
Don Gorsky
Don Gorsky
Don Gorske, 57, who lives in Wisconsin, US has been eating two Big Macs a day for years. It has been 39 years since Don Gorske ate his first nine Big Macs in 1972. He ate 25,000th Big Macs at a MacDnald’s in his hometown of Fond du Lac, Wisconsin and had ceremony. He said “I would continue to eat Big Macs until I die”. He has appeared in the 2004 documentary film “Super Size Me”, which looks at the daily diet of McDonald’s food. He is thin and his cholesterol is said to be low.
Mr Gorske says he eats a Big Mac in 16 bites and keeps track of his consumption on calendars. Every week he buys six on Monday and eight on Thursday. And he keeps them in his refrigerator or freezer until he is ready to eat them. He said his wife told him the end will come “when she has to put them in a blender”.
Doctors have said they do not recommend Mr Gorske’s diet.
-Tsukasa