“スーパー”クールビズ“Super” Cool Biz

環境省は、2005年よりクールビズの導入を始めた。クールビズとは、温室効果ガス減少のための政策である。日本では、夏のビジネスシーンにおいて,快適でなくても、スーツを着ることがマナーの一つであった。 そのため、彼らは常にエアコンに頼っていた。 しかしながら、それは明らかに環境によくない。この状況下の元、その政策では快適な服装をすることをビジネスシーンで着ることを許可した。2011年、新たな政策、“スーパークールビズ”を電力不足対策の一環として提案した。それは、ポロシャツ、アロハシャツ、スニーカーなどを許可したものである。それらは昨年の夏まで着用を許されていなかった。

一人の女性は、“節電のために素晴らしい考えだと思う。また、会社の中で電気の使用をしていない場所がたくさんあるので、 洋服が社内に明るいイメージを電気の変わりに与えてくれるのよ。”と言う。あなたも、日本を助けるためにスーパークールビズを始めてみませんか?

 

-MisakiMinistry of the Environment suggested “Cool Biz” in 2005.  Cool Biz is a policy for reduction of greenhouse gas.   In Japan, Business person had to wear suit as one of the business manners even they don’t feel comfortable in summer time.  Therefore, they always relied on air conditioner.  However, it’s not good for environmental obviously.  Under the situation, the policy allows to wear comfortable clothes in business situation.  In 2011, they suggested new policy, “Super Cool Biz” as a measure of lack of electricity.  They allow wearing polo shirt, aloha shirt, sneaker and so on.  Those were not allowed until last summer.

One of the women says “It’s great idea for saving electricity.  Also, there’re many places to stop using electricity in the company, so color of the clothes give positive image instead of electricity.”  Why don’t you start “Super Cool Biz” to help Japan?

-Misaki