東日本大震災についてAbout a big earthquake that happened in Tohoku

2011年3月11日に東日本大地震が起こりました。私は地震が起きた時、祖父母の家にいました。私はTVを見て、とても衝撃的な映像を見ました。そこには黒い津波が映っていて、その津波が町をのみこんでいました。私はそれを見てとてもショックでした。そして地震が起きた後、たくさんの人がスーパーへ行き、たくさんの食料品や生活用品を買い、様々な商品が品切れとなりました。スーパーには水がなく、飲料水を手に入れることはとても難しかったです。

少し経つと状況は良くなってきたものの、東北ではたくさんの人が家や家族を亡くしました。東北には十分な食料品や衣服、ブランケットがありません。ここで、日本人は自分たちの生活を見直さなければならないのです。私たちは電気や水、ガスがあることを当たり前だと思っています。しかしこれは当たり前のことではないのです。そこで節約がとても大事になってきます。私は今必要なもののみを買い、必要でないものは買わないようにしています。私はたくさんの衣服や靴、バッグや食料品は買いません。日本人は様々な事を節約するべきだと思います。

最後にたくさんの人が東日本大震災によって、心に傷を負いました。私は自然って怖いなと感じました。私は人は自然を気にかけるべきだと思いました。日本人は今こそ協力しなければなりません。私は日本人は乗り越えられると信じています。私はこれからも様々な面で節約を続けていきたいと思います。
-by YurinaI talk about a big earthquake that happened in Tohoku on March, 11.  I was in my grandparents’ house when the earthquake happened.  I watched TV and I saw daring video on TV.  I saw black tsunami.  It swallowed a town.  I was shocked.  Then, a lot of people started to buy a lot of daily necessities and foods in supermarket.  A lot of things in supermarket came short.  There was not water in supermarket.  It was very hard to get water.

Lately, situation is getting well, but there are a lot of people who lost houses and families in Tohoku.  There are not enough foods, clothes, blankets, and so on.  Then, Japanese have to reconsider their life.  We think it’s natural that we have electricity, gas, and water supply.  However, it’s not natural. Then, saving is very important now.  I don’t buy things that I don’t need now.  I buy things that I need in my life.  I don’t buy a lot of foods, clothes, shoes, and bags.  Japanese should save a lot of things.

Finally, a lot of people were hurt by the big earthquake.  I felt nature is scary.  I thought people should care about nature.  Japanese have to cooperate now.  I believe Japanese can get over.  I continue to save in many situations.
-by Yurina