日本の関心が高まるサウジアラビアSaudi Arabia has a high level of interest in Japanese culture

Japanese pavilion at Saudi festival
Japanese pavilion at Saudi festival
サウジアラビアでは今、日本文化に対する関心が高まっていて、現在行われている国民文化祭にも日本が唯一のゲスト国として招待されている。
 中東最大の祭典、「ジャナドリヤ祭」。日本のスペースには震災関連の展示も設けられ、多くの人が訪れている。

若者たちが足をとめるのは、日本のポップカルチャーの展示。宗教上の理由から大規模な娯楽施設が存在しないサウジアラビアでは、家で見る日本のアニメが娯楽の定番となっている。そして今、サウジアラビア国民の熱い視線を集めている日本の長所がもう1つある。マナーのよさだ。2009年に制作された「ハワーティル(改善)」という番組。日本のマナーに学び、サウジアラビアの文化を改善しようという趣旨でしたが、これが大反響となった。

-by Yuki N.

Japanese pavilion at Saudi festival
Japanese pavilion at Saudi festival
Recently Saudi Arabia has a high level of interest in Japanese culture. For this truth, Japan is the only guest in Saudi’s culture festival. It’s Janadriya Festival, one of the biggest festivals in the Middle East. In Japanese space there is a corner of a great earthquake in Eastern Japan. Many people visited there.

The youngsters in Saudi always stopped in front of Japanese pop culture’s display. In here there isn’t any recreation, so watching Japanese animation in their own house is standard recreation for them. Also there is another Japanese good quality that many Saudi interested in. It’s well-manner. In Saudi there is a TV program named “Hawertill” which started in 2009. In this program they can learn Japanese manner and they can improve their manner. It became very popular.

-by Yuki N.