日本の若きヒーロー、石川遼Young Japanese Hero, Ryo Ishikawa

人々は、あの悲劇を忘れることはないだろう。 3月11日、東北関東大震災が発生した。19歳のプロゴルファー、石川遼はWGCキャでラック選手権に参加するためマイアミにいた。“インターネットを見たときは信じられなかった。”と彼は言う。震災後、彼はゴルフをプレーし続けることが正しいことなのか分からなかったが、ゴルフのプレーを通して、被災者の人々にパワーを与えることを決めた。

3月下旬、石川遼は2011年の賞金を全て被災者へ寄付することを決定した。巨額になるに違いない。彼は、“東北のみなさんと一緒に戦いたい。”と言った。五月、彼はアメリカから日本に帰省した。その際、遼は避難所を訪れ、子どもたちと一緒に遊んだ。子どもだけではなく、大人たちも彼の笑顔を見れたことで、とても幸せそうであった。彼はまだ十代の少年である。しかしながら、東北にいる多くの人々を支えている。彼こそが、日本のヒーローだ!Youtube (Japanese)
-MisakiPeople must not be able to forget the tragedy. March 11th, north of Japan was hit by a strong earth quake. 19-year-old professional golf player, Ryo Ishikawa was in Miami to attend WGC-Cadillac Championship. He says “I couldn’t believe it when I checked the Internet.” He wasn’t sure it’s correct to keep playing the golf after the earthquake but he decided to give victims of the earthquake power through playing the golf.

End of March, Ryo Ishikawa decided to donate his all prize in 2011 to victims. It is going to be quite huge amount. He says, “I want to fight with them.” In May, he came back from the U.S. to Japan. Then, Ryo visited asylum and played with children. Not only children but also parents looked so happy to see his smile. He is a still teen age boy. However, he supports a lot of people in Tohoku area. He must be a HERO in Japan! Youtube (Japanese)
-Misaki