国際社会で活躍する女性Noriko Hino: Volunteer Leader

Noriko Hino
Noriko Hino

あなたには尊敬できるロールモデルがいますか。日野紀子さんは、いくつかの企業で実務経験を積んだ後、国際相互理解と社会貢献活動を促進するために2002年「ニューヨークでボランティア」という非営利団体を立ち上げました。かつては、母親のような専業主婦になることを望んでいた日野さんですが、母親の死後に知った彼女の本当の気持ち―専業主婦という自分の人生に後悔していた―にショックを受け、彼女の考えは180度変わったそうです。そんな日野さんの持つ「夢は願うものではなく、取り組むものである。」というポリシーに、私はとても感銘を受けました。iSeeNYのサイトでは、海外で活躍されている女性が他にも多く紹介されています。試しに、ぜひ覗いてみてください。

-by Mutsumi

 

 

 

Noriko Hino
Noriko Hino

Do you have any role models whom you respect for his or her successful career or impressive policy? Noriko Hino decided to found “NY de Volunteer” in 2002 to encourage the activities of contribution to the society and of international mutual understanding after she experienced some jobs. Although she used to have a wish to become a good housewife like her mother, she changed her mind because she knows that her mother has actually wanted to live not only for her family, as a good housewife, but also for herself. I admire her for her policy -A goal is not you wish but you pursue. On the HP of iSeeNY, you can see many women who succeeded in foreign countries. Why don’t you glance over it?

-by Mutsumi