日本のPISA点数向上Japanese PISA Score Now Rising

経済協力開発機構(OECD)は、65カ国・地域で約47万人の15歳男女(日本では高校1年)が参加した国際学力テスト「学習到達度調査」(PISA)の09年実施結果を発表した。PISAのテスト内容は読解力、数学的リテラシー(活用力)、科学的リテラシー(同)で、その3分野での調査が行われる。日本は、読解力では初回2000年調査で8位だった結果を前回2006年調査では15位に順位を大幅に落としたが、今回2009年調査では8位へと順位を上げた。読解力以外の分野では、初回調査で1位だった数学的リテラシーは前回では10位、2位だった科学的リテラシーは6位へなど、大幅な下落が見られた。しかし今回の調査では前年の結果から比べると、数学は10位から9位、科学は6位から5位とわずかに上昇。専門家はこの順位結果を、ゆとり教育への強烈な批判を受けてから徐々に行われた教育改革の成果ではないかと分析している。
National Center for Educational Statistics OECD Website

-by Kana F.Japan’s ranking had been falling in the international academic survey of 15-year-old students by the Organization for Economic Cooperation and Development (OECD). In the Program for International Student Assessment (PISA), Japan fell from 8th place in 2000 to 15th place in 2006 in reading comprehension, from first place to 10th place in mathematical literacy and from second place to 6th place in scientific literacy. However in the 2009 PISA, Japan moved up to 8th place in reading, to 9th in math and to 5th in science. Researchers analyze this result as an educational reform which took place after severely criticized yutori education.
National Center for Educational StatisticOECD Website

<iframe width=”640″ height=”390″ src=”http://www.youtube.com/embed/0D-JpL5fFgc?rel=0″ frameborder=”0″ allowfullscreen></iframe>
-by Kana F.