中国ジャイアントパンダ日本への再来Chinese Giant Panda came to Japan again

Shinshin, Li-li
Shinshin, Li-li

パンダは中国だけに生息した希少な動物です。パンダが初めて日本に来たのは40年ほど前のことでした。中国が日本との国交回復を祝って二匹のジャイアントパンダを日本にプレゼントしたのでした。それ以来パンダは日本の人々からとても人気があります。

パンダは上野動物園で飼育されています。2008年に最後のパンダ(リンリン)が死んだ時まで世代交代を繰り返しました。リンリンを含め9匹のパンダがそこで飼育されました。その後日本はパンダの所有権を失ったので、2011年に二匹の新しいパンダを中国から再び受け入れました。一匹はメスのシンシンで、もう一匹はオスのリーリーです。彼らの展示は今年の4月から始まりました。

-by Yu

Shinshin, Li-li
Shinshin, Li-li

Panda is scarcity animal that inhabited only China.  It was the first time that giant pandas came to Japan about 40years ago.  China gave two giant panda to Japan as a present for restoration of the relationship between two countries.  Since that time, pandas are popular with Japanese people.

They have been kept at the Ueno Zoo.  They continued to alternation of generations until 2008 when the last Panda (Linlin) died.  Including her, it had 9 pandas there. Then as Japan lost the ownership, 2011 we received new two Pandas from China again.  One is female Panda named Shinshin, and the other is male Panda named Li-Li.  The exhibition of them began from this April.

-by Yu