昭和のゴミ捨て場 Showa Sightings: garbage

各階に一つあります

昭和女子大学は、ゴミの分別に力を入れています。

地球を保護するため、不燃物、可燃物だけではなく、プラスティック、新聞紙、ペットボトルキャップなど、細かく分別して捨てるようたくさんのゴミ箱が設置されています。3R(リデュース・リサイクル・リユース)の活動を徹底して行っています。
たとえば、紙類は裏面の使用が可能なものは大きさで区分して1カ所にまとめて置き、裏面印刷またはメモ用紙に再利用しています。封筒類は、可能な限り再利用したり、大学案内などのファイルを、教員の書類区分に再利用しています。
このように本校は創立以来、「無駄をしない」、「ものを大切にする」精神が貫かれ、地球環境問題に日常的に取り組んでいます。 -Reported by Ruriko
Reduce, Reuse, Recycle
Reduce, Reuse, Recycle

These disposal places are one on each floor

Showa Women’s University is making efforts to separate our garbage. To separately  throw away not only the non-burnable garbage, and the combustible to protect the earth but plastic, newspaper, and the PET bottle cap, etc.  Classifying it in detail, a lot of garbage bins have to be set up.

Also, we are doing 3R project. Reduce, Recycle, Reuse. For example, paper is separated by the size and collected in one place, to later be reused as memopaper and so on. Also, envelopes are recycled as much as possible, and the teacher’s document division recycle the files of the university guide etc.
Reduce, Reuse, Recycle
Reduce, Reuse, Recycle
Like this, SWU can stick to “Uselessness is not done” and  “The one is valued” spirits, and  working on global environmental concerns daily like this.  -Reported by Ruriko