ユニクロ、社員全員に英語必須化UNIQLO, all employees are required English

6月23日、ユニクロは、2012年3月から社内の公用語を英語にする方針を明らかにしました。日本のオフィスも含めて、幹部による会議や文書は基本的に英語とします。柳井正会長兼社長は、「日本の会社が世界企業として生き残るためには、言語を共通化し、社員同士のコミュニケーションを高める必要がある」と語りました。この計画の導入までに「海外で業務ができる最低限の水準」として、社員全員に、国際英語能力テスト「TOEIC」で700点以上の取得を求めると発表しました。日本人のほか中国人など非英語圏の幹部や店長には研修を受けさせ、海外異動を日常化させる予定です。また、新卒採用も外国人を増やし、11年入社は600人の半数、12年は1000人の3分の2、13年は1500人の4分の3を外国人にする計画です。-Eri.

On June 23rd, UNIQLO announced the company’s official language will be English from March 2012. Offices in Japan,documents, and meetings with executives will conduct basically in English.

Yanagii Tadasi, CEO, said ” To survive a Japanese company in the world, the common language will become English,and  we need enhance communication between staffs. As a minimum standards that all staffs can work abroad ,they have to get more than 700 score on international English proficiency test “TOEIC”. The manager, executives and other non-English speaking Chinese staffs will be compeled to take the English training, and transfering overseas will be routine. Also, UNIQLO will increase the recruitment of foreigners, and  is planning to adopt about 300 people on 2011,about 600 people on 2012, and about 1200 people on 2013.

-Eri.